忍者ブログ
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日でグループリーグ全試合終了します。
各国の代表チーム、おつかれさまでした!!!


あ、日本対デンマーク戦は
すやすや寝てました。

備えすぎて早く寝すぎて
変な時間に起きてしまって二度寝したら
二度と目覚めなかったという…

(余談ですが今『にどね』って打ったら『二℃寝』って出てきた
 某企画の後遺症^▽^)

なんと言うか今大会、
個人的にはあまり日本代表の応援には熱が入ってなかった。
その結果、今代表チームすごく調子がいいみたいなので
決勝トーナメントもこの調子で
あまり熱しすぎず優しく応援していこうと思う。
私が応援してない隙にがんばって勝ち上がってくれ日本!!
(変な応援)

デンマーク戦ハイライトをさらっとしか見てないのですが
いい試合だったと訊く。
堅守のデンマークから3点穫ったのは立派!
戦前の『セットプレーは高さのデンマーク有利』という予想は
なんだったのか。
競り合い関係なしの直接FKを2本も決めるとは…

ああ、そういえば、勝利の瞬間チームの輪の中に
笑顔の俊輔が見られたので若干泣きそうになった。
いかんいかん。つい感情的になってしまう。代表チームは皆のもの!!

とにかく
決勝トーナメント進出おめでとう!!!
一試合でも多く観られることを祈る!!



さて
他グループではCが熱かったですね。
イングランドのあの必死のディフェンスが…
サポーターの皆さんには申し訳ありませんが
もはや笑うしかねぇというレベル。
だって あ の イングランドが!!
グループリーグでこんな必死こいて守ってるなんて!!
なにかの針がふりきれて逆に滑稽に見えました。
(サポーターの皆さん本当すいません)
いや〜今大会でイングランドちょっと好きになったよ…
ジェラードは相変わらずかっこいい。



そんでヘタリ…いや、なんでもないです。。。
某ジロー氏が
『カテナチオの鍵を忘れて来てしまった』
などと言っていたが、なんともイタリアらしからぬ
守備の脆さ。本当、どうしてしまったのか。
カンナバーロの涙にもらい泣きだよ…(TT)
同氏が戦前に
『一度W杯を手にしてしまったゆえに今の代表は
 平和ボケしているきらいがあるので心配』
とも評していたが、そんな感じだったんだろうか。
フランスもな…
ヨーロッパ開催以外の大会はヨーロッパ勢が調子を落とす
というジンクスはやはりあるように思う。



そしてそして
地元開催ということでとても期待されていたアフリカ勢が…
なんとトーナメントに勝ち上がったのはガーナだけという…(TT)
まぁ各チーム二戦目以降いい試合していたように思うし
敗退したチームも最後勝って絞めることができたチームもあり
大会は充分盛り上がったのではないかと思う。
しかし欲を言えばもっともっと観たかったよー
カメルーンもナイジェリアも南アフリカもコートジボワールも…
なんとも淋しい。

ざっくり
『組織のヨーロッパ、テクニックの南米、身体能力のアフリカ』
などと言われていた時代とは違い、
今やどのチームも良くも悪くも組織的に整備されて
各国の力の差は殆どなくなってきているが、
やはりアフリカの選手の身体能力の高さと
あのボール大好き加減は魅力的だった。
もっともっとアフリカ色を出してチーム作りしてもいいと思うな。
(ますます勝てなくなるかもしれないけど;)




もう一つ忘れてはならないのが
テセ…
結局点獲れずじまいで
チームも勝ち点をあげることができなかった。
ただ国際大会の経験が皆無な彼らが
あれだけ堂々と強豪チームと戦っていたのは立派だと思う。
守備は本当に組織的によくまとまっていた。
ポルトガルにはボコられたけど前半は渡り合えてたし。
心折れてしまった場面もあったけど一生懸命頑張ってた。
とりわけホンヨンジョのプレーはあのチームの中で光っていた。
どうか選手たちに幸あれ……
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]